お問い合わせ

blog

苦手克服のためには

2016/4/20

生徒によって苦手とする部分は異なります。
例えば数学であれば、
・文字式の計算ができない子
・文字を使った立式ができない子
・図形問題の公式が覚えられていない子
・「速さ」の問題が苦手な子
・「一次関数」が理解しきれていない子
など。
英語であれば、
・「代名詞」が分かっていない子
・「助動詞」の使い方が分かっていない子
・「be動詞」と「一般動詞」の区別がついていない子
・「比較級」「最上級」の違いが分かっていない子
などです。
全体的に「この分野の内容はみんな苦手だな」
というところもありますが、
それでも苦手とするところやできないところは
生徒によってそれぞれ違います。
こうした苦手な部分を克服するには。
これはもう「繰り返し練習」するしかありません。
ですので、できない部分については
「できるようになるまで」
繰り返し問題を解いてもらっています。
生徒達はできないことがわかっているので、
とても嫌がります。
しかし、できないところがきちんとできるようになるまで
やり込まなければ、いつまでたっても苦手のままです。
できないところを繰り返し練習することは、
退屈なことかもしれませんし、辛いことかもしれません。
しかし、「学問に王道なし」です。
近道はありません。
生徒自身が、どこまで「できない部分」と向き合い、
練習することができるか。
それによって成績が大きく変わってくると思っています。

contact

面談のご要望など、当塾へのお問い合わせはこちらよりお願い申し上げます。後日、当塾よりご記入頂きました電話番号へご連絡いたします。