お問い合わせ

blog

「子供の国語力」を嘆く前に

2024/5/30

「国語力がないんです」

塾に来る生徒の中で、よく聞く悩みとしては

「国語力がなくて困っている」

というものがあります。

「算数はいいのだけれど、国語が…」

というケースもよくあります。

どちらかと言えば「男の子」に多いです。

実際に生徒を指導してみると、確かに国語の力が弱い。

ただ、それ以外にも、こうした生徒を見ていると、気づくことがあります。

保護者とのやり取りの中で

それは「子供は国語が苦手」と言っている、保護者の「国語力」です。

当塾では、授業の報告も含めて、ご家庭とのやり取りはオンラインが中心です。

「LINEのチャット」

のような形をイメージしていただくと、わかりやすいかと思います。

「子供は国語が苦手」と言っている保護者とやり取りしていると、たまに「?」という連絡が来ることがあります。

・主語がなくて、要件だけ
・誤字、脱字が多い
・意味不明の変換

厳しい言い方になりますが、

「国語力がない」保護者の生徒は、「国語力が低い」可能性が高い、ということです。

以前、花まる学習会の高濱先生のオンライン講演会に参加しました。

「算数は『算数オリンピック』が狙えるほどの実力の持ち主」
「けれども、国語が苦手」

そうした生徒がいたそうです。

その生徒の保護者との面談の時、保護者は開口一番

「っていうか、うちの子、国語苦手っしょ」

と言ったとのこと。

「はい、アウト~」

と、高濱先生はその時の話を、おもしろおかしく話しておりました。

先ず隗より始めよ

結局そういうことなのだと思います。

子供にとって一番の見本は「親」です。

子供は、その見本である親の影響を多分に受ける、ということです。

私自身も、生徒と接していく中で、

「親子は似ているな…」

と感じることがあります。

例えば、宿題。

きちんとやる生徒の保護者は、塾から依頼したお知らせの期日をしっかり守ります。

逆もまたしかり。

なので「生徒の性格や特徴を知ろう」と思うと、自然と保護者の言動に目がいってしまいます。

子供の「国語力のなさ」を嘆く前に、まずは自分自身の「国語力」を高める。

そうした努力が必要なのではないか。

保護者から送られてきた「意味不明の連絡」と悪戦苦闘していると、そんな気がしてきます。

「先ず隗より始めよ」ということです。

※猿田塾へのお問い合わせはこちらから

contact

面談のご要望など、当塾へのお問い合わせはこちらよりお願い申し上げます。後日、当塾よりご記入頂きました電話番号へご連絡いたします。